<ご使用頂く前に>
    糸は消耗品です。お使い頂く環境によって消耗の度合いは変わります。
    特にネックストラップとしてお使い頂く場合は強い力が糸に掛かりますので、
    胸のポケット等をご利用してのご使用をお勧めします。

<本体からネジを抜き取る>

 ① 精密ドライバーの(+)側で、iPhoneの底側にあるネジを外します。

neji.png( 写真1)


【 警 告 】

     このネジはアップルショップ等にてサポートを受ける場合、必ず必要ですので紛失しない
     ようにして下さい。 また、交換サービスを受ける時は購入時の状態にネジを戻して下さい。

   <ネジ収納アダプター>

           抜き取ったネジをアダプターの内部に収納することができます。
            (純チタン製・アルミ製・リングタイプのアダプターのみ)

usa5.png(写真3)

<ストラップを取り付ける>

 ② ネジの保護チューブをねじりながら抜き取ります。
    糸の付け根を持って(緩んだ糸を整える)iPhone本体の穴にアダプターのネジを手で回し入れます。
    ストラップのネジを回し入れていきます。手に負荷がが掛かってきたら、丁寧に回して下さい。
     ☆注意:ペンチ等で強く回さないで下さい、ネジが切れる場合があります。

☆ ポイント ☆

          ◎糸は完全に伸ばした状態でiPhoneに挿入して下さい(写真2参照)

usa4.png( 写真2)


【 警 告 】

  締付け完了時、ネジの頭はiPhone本体と同じ位置である事を確認して下さい。この状態でコネクター
  をドックに繋ぎ充電できる事を確認して下さい。また、iPhone本体を落下損傷させる可能性があり
  ますので、ご使用前には必ず、ネジ部に緩みやアダプターの糸に著しい劣化などの無いことを確認
  しネジは確実に取り付けて下さい。

取付の注意・ポイント:(ここが一番重要です)

    1、ネジは微細加工(M1.2)したネジです。
      無理にペンチ等で回ますとネジの頭がネジ切れてしまう事があります。絶対に無理に回し込まないで下さい。
     (当社では責任を負いかねます)
      ネジが重くて手で回せない場合はすぐにご連絡ください。ネジの交換・調整をさせて頂きます。
    2、ネジと糸の結合部は非常に小さくなっていて、且つ糸が絡みついています。
      糸はネジを挿入する側とは反対の方向に、指でまとめておいてから、ネジをゆっくり回し入れて下さい。
     (ひもの一部がネジの中に巻き込まれないように注意が必要です)
       (上記写真2を参照してください)
      ネジの先が引っかかったら、丁寧に回し入れて下さい。 奥側になると緩み止めに塗布したシリコン
      の重さを感じてくると思いますが、ここは確実に回し込んでください。
      ちょっと手が痛い感じでしょうが、ネジと糸の付け根のところを持ってiPhone本体近くまで
      ねじ込んでいただければ完成です。

☆お取付サービス☆

    取付方法がどうしても上手に出来ない方は、下記のような条件でお取り付け致しますのでご連絡ください。

    お客様のご負担で往復宅急便等でお送り頂ければ、お取り付け致しまして至急ご返送致します。
    メール便、速達扱いについては紛失等がある場合がありますので、受け取り確認が出来る送り方で
    ご発送してください。(上部にあるSIMを外して頂ければ安心かと思います)

FAQ (こんな時は)
     Q1.充電・同期ができない

        A1.ネジが奥まで入っていない
           ネジの頭が本体から出ていない事を確認して下さい。
        A2.糸が絡まって(本体から必要以上出っ張っている)いると、コネクターが
           奥まで入らない事があります。
           ポイント:糸を整え少し引っ張った状態でネジを入れて下さい。

     Q2.糸が抜けてしまった、切れてしまった。

        A1.初期不良に発生した糸抜けには1週間以内にご連絡ください。
          ご連絡頂いたお客様には、お買い上げ1ヶ月以内までは交換・返金させていただきます。
          (購入時がわかるメール等を提示してください)
        A2.糸に関しましては消耗品扱いですので、いつでも修理等(有償)に対応いたします。
           当社までの送料をご負担して頂ければ、糸のみ交換は500円です(メール便送付になります)

     Q3. ネジの強度が心配なのだけど

        A1.引張強さは3kg以下でお使いください。 また、使用状況により落下する場合もありますので
          ご注意ください。

     Q4. アダプターにネジが硬くて入らず収納できない

        A1.アダプターにネジを収納する際は、抜き取ったネジをアダプターの穴に対して直角に入れて下さい。
          このネジはM1.2(ピッチ0.25)の微細ネジですので、ネジを倒して入れるとネジ山を崩す事があります。
          特に、アルミ製のアダプターはネジの材質より柔らかい為、慎重にネジを入れて下さい。

     Q5. ネジは緩まないのか

        A1.ネジには緩みにくいシリコンを塗布してありますが、絶対に緩まないものではありませんので、
          iPhone本体を落下損傷させる可能性があります。携帯時も、ネジの頭はiPhone本体より沈ん
          でいる事を確認して下さい。

     Q6. 抜き取ったネジを紛失したらサポートは受けられないのか

        A1.アップルショップではネジの有無に関係なくサポートは受けられますが、
           交換等になる時は、購入した状態に戻して(ネジを戻して)サービスを受けてください。
           お買い上げ頂いたストラップは抜き取っておいて下さい。

     Q7. ネジ+金属ひものパーツの使い方(注意事項)

        A1.金属ひもはお好みのアダプターやストラップに取り付ける際、結んで貰えれば完了ですが、
           相手部品の穴の大きさにより結び目を大きくするなど工夫をして下さい。
        A2.その結び目には、ボンド(液状の瞬間接着材は浸透して他の部分までも硬化し切れる可能性
           があります)を塗布して下さい。 ボンドはゼリー状のものがお勧めです。
           残った部分の糸はハサミで切断出来ますが、刃が悪くなりますのでご注意して下さい。

     Q8.糸の交換セットの使い方(交換の手順)

        A1.手順については  LinkIconここへ   のページをご覧ください。 
            www.aisance.jp/ito.html

     Q9.ネジがiPhone本体に取り付けられない(ネジが入っていかない)

        A1.糸をきちんと纏めて引っ張り上げた状態を維持して、ネジの先端を2回転くらいネジ穴に対して
          直角にネジまわし入れて下さい。
          もしダメな時はネジの調整を致しますので、ご連絡ください。  info@aisance.jp



<ネジの取り付け動画です>

ネジの先にシリコン(青い色)が塗布されています。
これはネジの緩み止めの効果があります、少しねじ込む時に負荷がかかりますが根元を摘むように丁寧
に奥まで、指先でネジ込んでみて下さい。

奥まで入らない時は、ムリしてペンチ等では回さないで下さい、精密微細加工をしたネジですので、
ネジの頭が取れる場合があります。(1.2Kg以上で折れます)

ネジが入りにくい時には、ご連絡のうえエザンスへお送りください、調整を致します。
なお、問題があるときにはご連絡ください。info@aisance.jp

【保証の範囲】   
技術上の資料並びに推奨はすべて、当社の信頼している実験に基づいていますが、その正確性若しくは完全性について
保証するものではありません。使用者は使用に先立って製品が自己の用途に適合するか否かを判断し、それに伴う危険責任
のすべてを負うものとします。売主及び製造者の義務は不良であることが証明された製品を取り替えることに限定され、
それ以外の責任は負いません。

バナー.png